自己PRは職歴欄が足りなくなるほど、様々な職種を経験してきた事です

私のお仕事ファイル。雑記もたまに書きます。

今後について書きたくなったので読んで下さると嬉しいです

みなさんこんにちは、ゆまたです

 

今日のブログは今後の目標や夢について、熱く語りたいと思いますので、お部屋の温度を少々下げて読んでいただければと思います🕴笑

それでは早速スタート🏃

 

まず近日中の目標から

パソコンの購入と同時にパソコンからブログ更新を出来るようになる

f:id:rmamy:20170518114846j:image

パソコンは残念すぎるほどの無知ですが、時間は誰よりも有り余っている私ですので、知識を得てパソコンマスター👨‍💻を目指し頑張ります。まずどこのブランドのパソコンがいいのかも分からないので、電気屋とネットで調べ自分に合ったパソコンと出会いたいです🤝

 

続いてこのブログの目標

週に3回以上の更新と読んでいる方に面白いと思ってもらえる記事を書く

f:id:rmamy:20170518120827j:image

もうすぐブログを始めて5月20日で一カ月になりますが、こんな私のブログにも読者様が14人💕いて下さり、更新する心の支えになってます。「ありがとうございます🙇‍♀️」

f:id:rmamy:20170518122431j:image

これからも読者様の増加と交流を広げられるよう頑張ります。またブログの勉強会などもあったら積極的に参加していきたいです📝

 

最後に今後の夢について

YouTubeでの動画配信と職種を100種類以上は働いて経験値を上げたい

f:id:rmamy:20170518114855j:image

以前からYouTubeの動画配信には興味があり、やりたい企画も自分なりに企画書でまとめてあるんです。YouTubeでは顔出しでやって行きたいと思っていますが動画編集など全くした事がないので、この夢はいつ実現できることか…それから今現在のこれまで働いてきた職種が27種類あります。もっと様々な仕事を経験しブログと自分自身の経験値を上げることが夢です💪

 

人生は一度きり、自分の描いた夢にどれほど近づけるのかは分かりませんが出来ることは全力で取り組む🏋️‍♀️ゆまたです

 

次回は日曜日に焼肉屋の職歴を書きますので、よろしくお願いいたします。

 

また今回からぱくたそから画像を利用させていただいております。

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

f:id:rmamy:20170518120938j:image

 

「今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました」

 

本日、iPhone4sからiPhone7に替えてきた話

みなさんこんにちは、ゆまたです。

実は私、これまで約6年間ずっとiPhone4sを愛用してました。一つ前の記事までは全てiPhone4sから投稿をしていました。

なぜ長年替えなかったかというと、特に不便だと感じる事は何も無く、自分のiPhone4sにあだ名をつける程の愛着があったからです。ちなみにあだ名は「みっちゃん」でした。笑

f:id:rmamy:20170517155710j:image

そんなiPhone4s(以下より みっちゃん)を替えることになった決定打それは故障です。落下や水没など様々な苦難を乗り越えてきたみっちゃんですが、長年の古傷の影響により一週間前からマナーモードが出来ない、電源がオフにならない、本体が常に熱くなっている、などの症状が出てしまい替えることにしたのです。

 

まず私がiPhone7に替えて驚いたことは

  • 本体の軽さと薄さ
  • 画面の大きさ
  • カラーバリエーションの多さ

しかし家に電子計りがないので、ネットで重量を調べてみたところ

iPhone4s  140グラム

iPhone7  138グラム

2種類の差はたった2グラム、 一円玉二枚の差…もっと軽くなったように感じたのですがさほど変わらないようです。

 

薄さは家にメジャーがあるので調べたところ

iPhone4s  9ミリ

iPhone7   6ミリ

と私が測った実寸ではありますが、3ミリも薄くなってました。これは手に持ったらかなり厚さの違いがわかる変化ですよね。

 

画面の大きさも測ってみたところ

iPhone4s  縦7.6センチ 横5.1センチ

iPhone7  縦10.4センチ 横5.9センチ

いまブログを書いてても、ま〜画面の大きくなったこと!とても見やすいです。

ラブライブでボタンのタッチには慣れるまで少し時間がかかりそうです。笑

 

カラーバリエーションは

iPhone4s  ブラック、ホワイト  計2色

iPhone7   ブラック、ジェットブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールド、レッド  計6色

私は一目惚れしたローズゴールドにしました。

 

まだまだ新しくなった相棒に不慣れですが、たくさんの機能を使いこなせるよう色々勉強しようと思います。そして今まで長い間お世話になったみっちゃんは下取りに出さず、自宅でこれからも保管することにしました。ゆっくり休んでね!お疲れ様!

 

それでは「今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました」

無料の似顔絵アプリ3種類を遊んでみました

みなさんこんにちは、ゆまたです。

今日は絵を描くのは好きだけど、とても下手くそで、自分の似顔絵すら上手に描けない私が、似顔絵アプリの無料で簡単に描けそうなものを3種類、Apple Storeからダウンロードし実際に描いてみたお話です。

ちなみに私の顔の特徴は丸顔、団子鼻、眉毛の眉尻側がハゲている。そしてよくフィリピンやベトナムなどアジア系のハーフと間違われる程の濃ゆいソース顔、恐らく描きやすい顔だとは思います。笑

 

それでは早速今回私が使用したアプリと完成した絵を紹介していきます。

1、MINE

f:id:rmamy:20170514143221j:image 

シンプルな仕上がりで、課金なしだと絵の着色やアクセサリーの選択はできないです。まず最初に作る顔の、男女を選びます。各パーツ種類は多くはないですが、大人な雰囲気の似顔絵が出来上がりました。

 

2.AvatarMaker

f:id:rmamy:20170514144127p:image

アニメ風の似顔絵で、元の出来上がっている画像からパーツ毎に変更し、自分顔風にアレンジをするタイプとなっています。アニメ風なので、そっくりに仕上げることは難しいです。この似顔絵も前髪の分け目くらいしか私と似ているところがないと思います。笑  また、このアプリの課金は100円だと100ポイントが貯まり、そのポイントで欲しいパーツを引き換えるシステムのようです。

 

3.Like me

f:id:rmamy:20170514144923p:image

面白い雰囲気に仕上がり、顔や髪などの各パーツで大きさ、傾き、カラーなどを細く調節ができるため、この3種類の中では一番似せやすいアプリだと思います。しかし課金なしでは他のものと同様に選べるパーツのデザインが少ないため、私は前髪を長く流しているパーツがなかったので刈り上げを選んで前髪なし風に表現しました。

 

感想

どのアプリも特徴的で、自分のセンスを磨けるような楽しみがありました。また暇つぶしにもオススメです。そして今回改めて感じたこと、それは課金の偉大さ!やっぱり課金の力は大きいということ。という事で、また今日も光熱費の節約を頑張り、ラブライブではのんたんへの課金はまだまだ終われないと思いました。おしまい。

 

「今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました」

 

私なりのショップ店員との戦い方

みなさんこんばんは、ゆまたです。

前回は店員側で働いていたときのエピソードでしたが、今回は私がお客さんとして、お店に入店した際、話しかけないで欲しいときに店員を上手にかわす技たちを紹介していきます。

f:id:rmamy:20170511233354j:image

まず最初は

1,話しかけないで下さい!オーラを出す

 これは相手の店員が、オーラを読み取ることが出来るエスパータイプでしたら効果は抜群ですが、そうそう簡単に出会うのは難しいタイプのため、なかなか決まらない技ですね。リスクは特にない技なので、私はまず一番初めに、繰り出します。この技が決まらなかったら次に出すのが

 

2,イヤホンを装着する

これはなるべく可能なら、ヘッドホンタイプがオススメです。イヤホンだと店員が見えていない場合もあり、話しかけたのに、ひどいよ!この女ガン無視よ!と、相手に精神的なダメージを与えてしまいます。また大音量すぎると相手に、自分が乙女のポリシーを聴いているのがバレてしまい、恥ずかしい思いをするリスクもあります。ちなみに乙女のポリシー美少女戦士セーラームーンRとSのエンディングソングで、今の私自身の応援歌になっています。これでもしつこく来る店員がいたら、次に

 

3,ゆっくり見てもいいですか?と伝える

大体の店員さんは話しかけてきた場合でも、このようにやんわりと伝えれば、離れて一人にしてくれます。私はこの一言を発するまでの勇気に2ターンはかかります。そしてここまで頑張っても、全く効果が無かった場合は

 

4,お店から逃げる

せっかく見ていたかったのに大変残念ですが、これは諦めてまた別の日にリベンジするか、違うお店に入るということです。どうかここまでは到達しないで、楽しい買い物をしたいですね。

 

もし良かったら参考にしてみて下さい。全然ならないと思いますが…笑

 

「今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました」

一週間で声変わりをする方法なら知ってるよ

みなさんこんにちは、ゆまたです。

 十代の頃の私は、服の系統が姫系やガーリーなものを好んで着ていて、意外とこういうブランドのワンピースなんかは一着、一万円ぐらいと高く、洋服代を社割で買えるショップ店員になれば節約できると考え、働き始めました。面接は渋谷の道玄坂にある本社で行い、3人ずつのグループ面接で、私の他に30人程が来ていました。スタイルチェック、発声チェック、コーディネートチェックなども見られ、最寄りの店舗を希望したのですが、何故か渋谷109店で採用になってしまい、ひ弱な性格で断りきれず、そのまま翌日から渋谷109店の勤務になりました。

f:id:rmamy:20170510153420j:image 

勤務時間は9:30〜21:30の間で8時間勤務うち1時間休憩があります。早番、中番、遅番でシフトに組まれます。勤務日数は週5日でした。

 

給与は時給930円からスタートです!

都内はやっぱり高いですね。

 

待遇は洋服が社割で6割引で買える毎日変わる可愛い制服が貸し出される、ヘアメイクの勉強会がある、髪色髪型自由、交通費は全額支給と自分を磨ける待遇がいっぱいでした。

 

必要なスキルは、立ち仕事が苦手ではない、積極的な接客が嫌いじゃないちなみに私は働いてすぐダメなタイプと気づき、一カ月で退職しています。

 

自分で用意するものはヒールが12センチ以上ある靴、ネイルをしていない爪はNGなのでネイル、アクセサリー、メモ、ペンなどです。太字のものは、このお店特徴のものだと思いました。

 

仕事内容は

  • 接客
  • レジ
  • 洋服のたたみ
  • ディスプレイ変更
  • 店内清掃
  • 洋服の納品チェック
  • 月一の棚卸し

と、このような内容で、メインはやはりよく皆様も想像するような、ショップ店員独特の接客になります。「この服私も持ってます」←知らねーよ「これ可愛くないですか?」←別に「ご試着なさいますか?」←シャラップ! 自分も嫌になるグイグイくるタイプの接客で、段々と私は「なんでもかんでも可愛いと言う人詐欺」をお客さんにしているのでは?と複雑な悲しい気持ちになっていきました。また、春休みのセール期間中は順番にメガホンで「ただいまセール中です!どうぞご覧くださいませ」や「新作も多数入荷しております」などの掛け声を2時間ずつ店前ですること一週間。おかげで椿鬼奴のような声に変わりました。このお店の店長は木下優樹菜のような声で、3年間働き続けて喉が潰れ、声が戻らなくなったそうで、私も働き続けていたら、戻らなくなってたと思います。退職して一週間は、家にひきこもっていたので、元のドラ声に戻れました。

 

まとめ

私はわずか一カ月でこの接客スタイルが限界で退職しました。今まで働いた職種で、一番自分には不向きだったと思っています。髪の毛も結局、退職と同時に暗髪に戻し地味になりました。このような接客が嫌いではなく、オシャレも楽しみたい女の子ならオススメの仕事だと思います。これが私のアパレルバイトの職歴です。

 

「今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました」

 

追記

私の顔はあんな萌え顔では全くない!と夫に厳しく指摘をされたので元の顔に戻しました。すみませんでした

これからもこんなゆまたですが、よろしくお願い致します。

コンドームだけの単品買いは、しにくいもの

みなさんこんにちは、ゆまたです

ゴールデンウィークは毎日どこかへ出掛けてたので、普段インドア派な私は身体が追いつかず、一昨日から風邪をひいてしまいました。こういう時、家の近くにドラッグストアがあると大変便利なのですが、なんせ田舎なもので「一番近いドラッグストアでも徒歩30分程かかります」なのでこの風邪は寝て治します!

そんなそばにあって欲しいドラッグストアでバイトを始めたのは高校3年生の春、学校の帰り道だから通いやすい、という単純な理由で応募しました。進路が決まってない高校生は採用してもらえなかったので、私はフリーターをしながら芸能界を目指します!と伝えクリアしました。当時は本当に芸能人になり色々な役を演じたり、バカ殿にでるのが夢で何度もオーディションを受けては落ちまくってました。20歳までダメだったら諦めようと決めた2年間、見事に全滅したため夢は捨て結婚をし、現在に至ります。

こんな私の無駄話はこの辺で早速仕事について書いていきます。

 f:id:rmamy:20170509161605j:image

勤務時間は9:45〜22時の間で週3から1日3時間以上のシフト制です

土日どちらかの出勤は必須です

 

給与は時給850円!こちらの方では平均的な金額です。

 

待遇は交通費支給、化粧品などの試供品がもらえる、お菓子や飲み物の廃棄がもらえる、登録販売者の資格支援がある

 

自分で用意するものはワイシャツ、靴、紙、ペンなどです。高校生だったのでワイシャツとローファーは学校のもので使用してました。ズボンとエプロンは貸し出されます。

 

必要なスキルはダンボールに入ったトイレットペーパーやオムツなど重い物を結構運ぶので力持ちだと働きやすいと思います。

 

仕事内容は

  • 商品陳列
  • レジ接客
  • レジ閉め
  • 月一で棚卸し
  • POP作成
  • 店内清掃

とよくあるもので、薬については薬剤師の方が接客して下さるので、私たちバイトは知識がなくても全然大丈夫です。メインの仕事はレジなので慣れれば難しい仕事はありませんでした。私的に楽しかった仕事内容はPOP作成とレジでたまに遭遇する、コンドームを恥ずかしそうに他の商品と一緒に持ってくるお客さんの接客です。笑

私の記憶だと単品で堂々と買った人は約一年働いて50代くらいのぽっちゃりなオジさんただ一人、紙袋に入れようとしたらテープでいいと言われ、後にも先にもこの商品にテープを貼ったお客さんは誰もいません。むしろ下を向いたまま恥ずかしそうに買いなれない感じで、来たりすると可愛くて、心の中で微笑ましく思ってました。

 

まとめ

私は高校卒業までのわずか一年で退職してしまいました。退職理由は髪の毛が染めれなかったのが嫌になり、辞めた瞬間に衝動で金髪にしました。重い物を運ぶのは女性にとっては大変ですが、レジ業務やPOP作成は楽しくてやりがいもありました。また登録販売者を目指す方は働きながら勉強もできるのでオススメです。これが私のドラッグストアでの職歴になります。

 

次回はドラッグストアを辞め高校卒業後すぐに働き、すぐに辞めた渋谷109でのショップ店員の仕事について書きたいと思います。

 

「今日も最後まで読んで下さりありがとうございました」

 

あっ!顔をペンとクーピーで整形しました!

先生と呼ばれるのは嫌いじゃない、むしろ好きです

みなさんこんにちは、ゆまたです

今日は単発の試験官バイトについて書いていきます。まさか高卒の赤点だらけだった自分が、2年後に先生と呼ばれるとは夢にも思わず。呼ばれた時はまるで、ときメモのゲームで好きなキャラクターと、友達以上恋人未満の関係まで発展し、やっと名前を呼び捨てで呼ばれた時のような耳に残る心地良さでした。

 f:id:rmamy:20170502120336j:image

勤務時間は7時から15時で休憩が13時から14時と1時間挟むので、実働7時間になります

 

給与は日給8000円

交通費込みのため、私は自転車で40分かけて通い節約しました 笑

 

待遇はお弁当支給、自転車通勤可、給料が当日手渡し

 

必要なスキルは長時間静かでいるのが得意なこと 笑

 

自分で用意するものはスーツ、印鑑、身分証明書、鉛筆、シャーペン、ボールペン、消しゴム、ティッシュ、ハンカチ、スリッパ、腕時計と細かいものが多かったです。印鑑と身分証明書は給料をもらう時に必要になります。また試験用紙を数える時などに使う指サックと名札は支給されます。

 

仕事内容

  • 自転車で来た受験生の駐輪場への誘導
  • 配布する試験問題と解答用紙の枚数確認
  • 欠席者の受験番号を記録する
  • 問題と解答用紙の配布
  • リスニングテスト前の音声確認
  • 試験中のカンニングやトラブル防止の見回り
  • 試験終了後の回収した用紙の枚数確認
  • 受験生の帰宅時の誘導
  • 教室の忘れ物確認
  • 他の教室の解答用紙と自分の解答用紙を交換して、もう一度枚数確認
  • 教室の掃き掃除、整頓

と時間毎に仕事があったので、あっという間に終わってしまった気がしました。また私の受け持った教室の受験生が試験中に鼻血を出してしまい「先生!鼻血が!」と言われた時は直ぐにポケットにあったティッシュを手渡し、その子の鼻血も直ぐ止まったので、冷静に対処できたこともよかったと思いました。そして当たり前ですが試験中はとても静かなので私はくしゃみなんかも出ないように集中して過ごしてました。

 

まとめ

仕事内容が沢山あって、集中してる時間が多かったので意外と疲れました。それでも「先生ありがとうございました」と受験生が帰る時に言ってくれたのがとても印象に残っていて嬉しかったです。また機会があったらやりたいな、と思っています。この仕事は細かい作業が得意で静かな空間が苦手でなければ、やりがいもあるのでどなたでもオススメだと思います。これが私の試験官バイトの職歴でした。

 

次回はゴールデンウィーク後に、ドラッグストアでのバイトの職歴を書かせていただきます。

 

「今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました」