自己PRは職歴欄が足りなくなるほど、様々な職種を経験してきた事です

私のお仕事ファイル。雑記もたまに書きます。

コンビニバイトを楽だと思えるほどのスペックは持ってないです

みなさんこんばんは、ゆまたです(*゚▽゚*)

初めて同日に2本の記事を投稿させていただきます📝そして今日も昨日同様にとても暑かったですね💦家の近くにコンビニがあれば、こんな日はアイスを買いに行きたかったのですが、なんせ田舎なもので徒歩10分圏内にコンビニが一店舗もありません(´・д・`;)

実家にいた頃はコンビニも公園もスーパーも徒歩5分以内のアクセスで最寄駅までも近く、今は地価がいくらなのかが気になります…笑

そんな家のすぐ近くにあったコンビニでアルバイトをしたのは18歳の時、近くだからギリギリまで家でゴロゴロできるし通うのも楽々♪と呑気な考えだけで応募してしまい、職場が家から近すぎるのも良くない!と言ってくれた友達の言葉など全く聞く耳持たずで…7年経った今でもディズニーシーのタワー・オブ・テラーからハリソン・ハイタワー三世が友達の代弁を務め「愚か者!なぜ私の忠告を聞かなかった!」と毎回私を説教します←違う

話を戻して早速コンビニの職歴を書いて行きます✍️🔙

f:id:rmamy:20170522195939j:image

まず勤務時間は18時〜22時で週ニの希望シフトで出勤してました。時間帯は24時間営業のためどの時間でも希望を出せば出勤できました。また夜勤はとくに人が足りてない状態で急募の求人が常に出ていました。普通に考えて寝てる時間ですもんね😞

 

給与は時給850円、夜勤と早朝である22時〜6時の間は1050円でした。コンビニバイトって給料もう少し高くてもいいのでは?!仕事内容のところで後ほど詳しく書かせていただきますが、働いていてとても感じておりました( ゚ω゚;)

 

待遇は制服支給、廃棄や売れ残りが貰える

廃棄はコンビニバイトの醍醐味!むしろこの待遇のために働いていたと言っても過言ではないほど毎回楽しみでした♪

私は甘いのに目がないので甘い物ならケーキから大福までなんでも貰ってました🙆

 

自分で用意するものはズボン、靴、メモ、ペンなどで、手ぶらで行けるように家から出勤する時はジーパンとTシャツスタイルでした

 f:id:rmamy:20170522201359j:image

必要なスキルは力仕事が意外と多いので力持ちであること

 

仕事内容

  • レジ業務
  • 店内清掃
  • 宅配便受付
  • 公共料金などの支払い受付
  • 商品補充
  • 廃棄チェック
  • レジ精算チェック
  • 軽食の調理
  • フライヤーと調理場清掃
  • 入荷物の検品

 とコンビニは利用する側からすれば、なんでも出来るし便利で助かりますが、働くとその利便性故に覚えることの種類は沢山あり、自分は宅配屋のバイトか?はたまたファーストフードだったかな?などと混乱します。アイスクリームやポテトなどを作るのは楽しくてオーダーが入るとかなり嬉しかったです。一番大変だったのはフライヤーやアイスサーバーの清掃で、油をこしたり機械の部品を外すのが熱いし重いし、さらにレジが混めば清掃担当でもレジが勿論メイン業務なので、入らないといけず時間が足りなくなる日もありました。そして入荷してきたおにぎりやサンドイッチも量が多くて並べるのに結構時間を要しました。やはりどの作業もレジ兼任のため大変に感じました。また職場と自宅が近かったことで2時間早く来て欲しい、明日代わりに少しだけでもいいから出て欲しい、この日シフト誰も入ってくれないから入ってほしい、など色々あてにされ続けました。歩きで通っていたのも暇そうに見えた原因かも?まー本当にただの暇人でしたがね😋笑

あとは最も近所で後悔したのが仕事の日以外は利用しにくい。むしろ気まずいし絶対無理行きたくない!辞めてからは更に気まずいし絶対無理行きたくない!ってなりました。

 

まとめ

私がコンビニで働いたのは8ヶ月です。退職理由になる決定打はありませんが、仕事内容が多すぎる、好き勝手な都合であてにされる、時給が割に合わない、など様々な不満が積み重なり、退職することとしました。「コンビニバイトは楽だと言う方もいますが、私的には今まで働いてきた仕事の中では一番大変だったと思っています」週一、二で掛け持ちだったからなかなか覚えられないし、大変だと感じるものもあったのでしょうが、逆に週五とかのフルで働き続けても精神的にしんどくなって気がします。要領が良い方ならきっと仕事の種類も沢山あり、やりがいも見出せると思うのでオススメです(^^)私はそんなハイスペック人間ではありませんでした…🤦‍♀️

 

次回は中学生時代の職場体験をしたときの話を書きたいと思います🙌

 

「今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました」