自己PRは職歴欄が足りなくなるほど、様々な職種を経験してきた事です

私のお仕事ファイル。雑記もたまに書きます。

こんな大人にはなってはいけない!改めてそう思う職場体験での思い出

みなさんこんにちは、ゆまたです(*゚▽゚*)

 

今日は中学生時代の職場体験をした話しになります。そもそも職場体験とは何かと言いますと、文部科学省の職場体験の基本的な考えには「生徒が事業所などの職場で働くことを通じて、職業や仕事の実際について体験したり、働く人々と接したりする学習活動と記されております。私の学校では自分の働きたい職場を学校より徒歩30分以内の場所から選択し、三日間をその職場で一日6時間、うち休憩30分の勤務で様々な仕事を体験させていただくというものでした。

私は動物が好きなのでペットショップで動物達のお世話をする仕事がしたいと思い希望しました。

しかしこの職場体験から私は大人の怖さを色々知るのであった…

私を含め3人がこのペットショップでの職場体験になったのですが、なんと与えられた仕事は店内と駐車場の清掃後、ひたすらお店の裏にある広大な空き地の草むしり。これを三日間炎天下の6月にずっとやらされてました。もはや雑用です!!

f:id:rmamy:20170523144216j:image

1日目は「まだ初日だから動物とも触れ合えないのかな?仕方ないか!」などと考え、皆んなと力を合せ4時間ほどの草むしりを終えました

 

2日目は「いやいや最終日はきっと違うよね!?ってかこの敷地の広さ、どう考えても3日で終わるらないよ!」と不安と焦る気持ちを抑えて昨日同様4時間ほどの草むしりを終えました

 

運命の3日目、なななんと全く同じ指示をされました。もうモチベーションなんてないし、お店の中ですら仕事をさせてもらえない悲しさでやる気も0となり、皆んなで談笑しながら今までよりかなりペースダウンで嫌々、草を抜いていました。すると、この2日間は全く私達の行動など見に来ず放置をしてたくせに、この日に限ってラスボスのような風格のBBA社員がやって来て、私達の態度を見て「言われた仕事もちゃんと出来ないなんて情けない!もしちゃんとやってたら今度は、店内の仕事を任せたかったのに…」などと自分は被害者のような言い方で私達を説教してきたのです。

純粋だった中学一年生の私達は素直に自分達の行動を反省し申し訳なくなり、初日と同じくらいのペースに戻し、全く先の見えない草むしりをひたすらやり通し、敷地の半分以上は見違えらせました。と、結局はこれで勤務終了で店内の仕事は与えてもらえませんでした。終了後にも30分くらいに渡り「仕事には責任がある」、「裏切られた気持ちでいっぱい」、「信じてたのに非常に残念だった」なの散々な言葉達を純粋の塊にふりかけてきて職場体験は終わりました。

 f:id:rmamy:20170523150900j:image

この職場体験が終わり半年ほど経った頃、私達はあの敷地のその後が気になり行ってみると、まー見事に元どおり、まるであの三日間は存在しなかったかのように雑草は覆い茂ってたのでした。

f:id:rmamy:20170523151025j:image

またこの職場の大人達の闇は他にも、職場体験2日目に学校の先生が私達の活動のチェックをしに来た際、急に慌てて店内に呼び戻され、店内の商品の陳列を頼まれました。先生の前では仕事をしっかり与えてますよアピールしてました。しかし、職場体験後の学校発表で、私達の仕事内容をありのままに話すと学校側は、この職場へ職場体験の依頼はしないと決めたそうです。おしまい

 

過去の自分の実体験ですが、思い出すだけでも可哀想で泣けて来ました(T ^ T)

現在はあの空き地どうなってるのかな?気になります。

 

「今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました」